アダフェリン0.1% 15gの使い方(正規ジェネリック)

アダフェリン0.1% 15gの使い方(正規ジェネリック)

国内処方ですとデフェリン0.1%が処方されますが、同成分、同濃度のジェネリック品のアダフェリンの使い方は病院処方と同じです。

アダパレンは、ビタミンA誘導体と作用機序も似ているため、ニキビ以外の“美肌効果”も期待されます。
保険適用ができるのはニキビ治療のためだけですが使用を続けると確実にお肌のきめが整い、毛穴が目立たなくなるはずです。

アダフェリンの使用方法

アダフェリンは非常に良い製品ですが、効果が出るのに時間がかかるのは臨床試験でも確認されています。アダフェリンは治療効果が見えてくるのは2~3か月後位ですので、辛抱強く続ける必要があるお薬です。

肌質もモチモチした感触になりますが、アダフェリン使用中はお肌の抵抗力が弱くなるので日光には注意が必要です。

アダフェリンの使用回数回数

1日1回 / 就寝前容量

顔全体の塗布量の目安は大人の人差し指の第一関節の長さ(0.5g)

両頬、額、顎に置き、それぞれの部位で塗り広げ、角質の薄い「目の周囲・唇・小鼻」など粘膜に近い部位は避けてください。

保湿クリームなどを使用する場合はアダフェリンの塗布は最後に行ってください。
順序を逆にするとアダフェリンのクリームの成分が分散し期待した効果が得られなくなります。

アダフェリンは1本あたり15gですので、1回あたり0.5gとして1か月分位利用ができます。

アダフェリンは妊娠中、授乳中の場合は使用が禁忌となっています。これはアダパレンの臨床試験で問題があるデータは見つかっておりませんが、アダフェリンと似た構造を持つトレチノインでは催奇形性が認められていることから、できるならば妊娠中、授乳中はアダフェリンの使用は避けた方が無難とされています。

アダフェリンの概要はこちらもご覧ください。

アダフェリンとトレチノインの違い

アダフェリン・ゲル0.1%の有効成分であるアダパレンもトレチノインのビタミンA誘導体と似た構造を持っています。
トレチノインの第1世代に対し、アダパレンは第3世代の合成レチノイドと言われ、アダパレンのほうが効果が早く、副作用が少ないとされています。

トレチノインが肥厚した角質を剥離して毛穴の詰まりを積極的に解消するのに対し、ディフェリンは顆粒細胞から角質細胞になることを抑制して、ニキビを予防します。
しかし、実際の臨床経験からディフェリンもトレチノイン同様に角質剥離(いわゆるピーリング作用)があると実感しています。

ただし、アダパレンの効き方は、濃度調整のできるトレチノインやその他のピーリング剤と較べて弱くいのですが、アダフェリンは副作用も少なく安全に利用できるのですが、十分な効果を発現するまでに時間がかかるデメリットもあります。

アダフェリンの特徴

アダフェリンは敏感部分も美肌に

アダフェリンは副作用も起きにくくトレチノインや他のピーリング剤と比べて安全に使用ができるので、乳首やワイゾーンなどの美肌クリームとしても利用されています。

保険適用外での美容用のクリームとしても美容系クリニックでも”キメ細かい”肌(美肌)のために処方もされています。

ディフェリンは顆粒細胞から硬い角質細胞になることを抑制することからも滑らかなデリケートゾーンを作り出すことができます。

powered by 三越屋-個人輸入代行

タイトルとURLをコピーしました