【閲覧注意】脱ステロイド・脱保湿、肌再生までの記録(アトピーじゃないです)

ベピオ
1:ニキビ@健康2022.02.18(Fri)

ベンザックの成分ベンゾイルによるニキビ治療

ベンザック(ベピオ5%)

正規品のベンザックの主成分は化ベンゾイル製剤です。国内でも2015年頃より保険適応になっており、ニキビに効く薬として一定の知名度を獲得しています。しかしながら、処方箋ですと低濃度しか処方されません。
ニキビは高濃度で一気に治療をしちゃいましょう。

過酸化ベンゾイルってどんな薬?

過酸化ベンゾイル(BPO、ベンゾイル・パーオキシド)は、強力な殺菌作用、ピーリング効果、乾燥促進作用を持つ薬品。肌に塗布すると酸素を産生するため、嫌気性で空気を嫌うアクネ菌を強力に殺菌することが可能です。
ピーリング効果があり刺激も強いため、炎症を起こしたニキビには向きませんが、白ニキビや黒ニキビの治療には強力な効果を発揮します。ちなみに純粋な個体は容易に爆発してしまうため、消防法で危険物に指定されていますが、医薬品として用いられる形態&濃度でそのような危険はありませんのでご安心ください。

副作用や注意点について知りたい!

イチゴ鼻もすっきりスマート

ピーリング効果があるということは、角質層を溶かす性質があるということです。やや刺激の強い薬品なので、敏感肌の方は腫れや痒みを引き起こす可能性もゼロではありません。また、すでに炎症を起こしている場合も、副作用で悪化する恐れがあるため、避けたほうが無難。
また、肌を乾燥させる性質があるため、肌本来のバリア機能を低下させるリスクも心配なところ。今あるニキビを除去する対症療法に過ぎず、肌質はむしろ悪化しかねないので、ニキビを消失するまでの限定的な使用に留め、長期連用は厳に慎むべきでしょう。

1.ベンザック(ベピオ・ゲル)

過酸化ベンゾイル(BPO)を2.5%含むゲルです。日本では2015年に保険適応になった薬剤です。ベンザック(ベピオ・ゲル)には、殺菌作用とピーリング作用があり、毛穴のつまりをとります。副作用に乾燥や刺激性があり、保湿してからベンザック(ベピオ・ゲル)をつけてください。

2.デュアックゲル

過酸化ベンゾイル(BPO)とクリンダマイシンゲルを混合したゲルで、2015年に保険適応になりました。ベンザック(ベピオ・ゲル)にクリンダマイシンが加わったことで、強い殺菌作用があります。
1日1回夜にニキビの部位に塗布してください。副作用に乾燥、カサカサ感がありますが、ベンザック(ベピオ・ゲル)よりも副作用が少ないようです。

3.エピデュオゲル

エピデュオゲルは、アダパレン(ディフェリン)とベンザック(ベピオ・ゲル)の合剤です。2016年に保険適応になりました。2剤合わせているため、効果はありますが、副作用はベンザック(ベピオ・ゲル)やデュアックゲルに比べ強いような気がします。
副作用は皮膚刺激がほとんどです。過酸化ベンゾイルによるニキビ治療
アメリカでニキビ治療の第一選択とされているのが、過酸化ベンゾイル製剤です。国内でも2015年頃より保険適応になっており、ニキビに効く薬として一定の知名度を獲得しています。こちらでは、国際基準のニキビ薬である過酸化ベンゾイルの効能を詳しく紹介。

2:ニキビ@健康2022.02.18(Fri)
3:ニキビ@健康2022.02.18(Fri)

色することが多いです。ベンゾイルはメラニン色素の生成を阻害するため、この茶色いニキビ跡を改善できる見込みがあります。ただし、同じニキビ跡でも肌がクレーター状に陥没したものには効果が見込めません。また、進行中のニキビにはかえって症状を悪化させる可能性があるため、ベンゾイルの使用は不向きです。2.シミベン

4:ニキビ@健康2022.02.18(Fri)

5%濃度のベンゾイルに肝臓・腎臓腫瘍の発生が認められています。ただし、ヒトでは発がん性の因果関係が判明しておらず、国際機関による評価でも未分類とされている状況です。たとえば、国際がん研究機関のIARCは「人に対する発がん性については分類できない物質」としています。また、日本産業衛生学会は「発がん性について

5:ニキビ@健康2022.02.18(Fri)

らいいのではないかと思いました。 4.コエンザイムQ10がたくさん入っている食べ物は何ですか?コエンザイムQ10は、私たちの体の中で合成し、作り出すことが可能な物質です。でも、そのほとんどは食べ物に由来すると言われています。魚や肉類に豊富コエンザイムQ10が多く含まれる食べ物の第1位は、イワシやサバ、アジなど

6:ニキビ@健康2022.02.18(Fri)

化すると、脳細胞は死滅していき、体内のネットワークが壊れ様々な病気を発症するのです。この脳細胞がストレスを感じた瞬間に発生する酸化物質を受け取ってくれる「受容体」(身代わり)の役割をしているのがプラズマローゲンです。抗酸化作用発見のベースとなった脳疲労理論藤野博士が1997年に発表した、「脳疲労理論」は、

7:ニキビ@健康2022.02.18(Fri)

This is description

こんにちは、ご視聴いただきありがとうございます。
あくまでもわたし個人の意見・感想、経過観察を日記として記録しただけの動画です。

脱ステしているとき、肌を毎日気にしてこれがあってるか、明日はどうなるんだろう、と先が見えなくて不安になることが多かったです。
私のような心境・状況になった方やその周りの方に、自分がした体験を共有したいと思って記録を動画にしました。

脱ステは自己責任で、脱ステを薦めている訳ではありませんが、多分ステロイドを使っている方は一回は考えることだと思います。それに離脱症状は個人差がすごいあるみたいです。わたしの体験が全てじゃないですが、一例になるのではないかと思います。

ステロイドや皮膚炎に悩んでいる方が少しでもいなくなりますように。

I overcame steroid-dependent dermatitis.
This video is all that record of the period.

I had a great response after I released my first video about TSW, and I was thinking that I wanted to spread the real voice from the person who actually experienced it. So, I decided to make a translated version.
Because the translator is NOT a native English speaker, there are some miss translations. So please go easy on that.

▽ わたしが皮膚に使っていた薬などの期間・種類について

▽ 脱ステ中にやったこと・今も続けていること

▽動画内で紹介した本
https://a.r10.to/hwMdmp

追記:
わたしの説明不足で誤解を招くような内容になってしまっていたら申し訳ありません、固定させていただいているコメントをご覧になっていただけますと幸いです。

日本語やばくてすいません、あとサムネで不快な思いをさせてしまった方、すいません。

私が治すことができたのは「肌荒れ」や「アトピー」ではなく「ステロイド依存性皮膚症(と呼んでいるもの)」です。もともとアトピーではないです。

たくさんの閲覧と、温かいコメント感謝しております。ありがとうございます。

Twitter : https://benzac.kimisui.jp/https://twitter.com/irunachan_

———- INDEX ———-

0:00 脱ステ・脱保湿やってみた
0:37 ステロイドって何?
1:37 わたしの皮膚について
2:50 脱ステをはじめるきっかけ
5:31 脱ステ・脱保湿日記スタート
5:57 5日目〜
6:21 10日目〜
7:17 15日目〜
8:29 20日目〜
9:24 25日目〜
10:39 30日目〜
12:09 35日目〜
13:06 40日目〜
14:12 45日目〜
15:05 50日目〜
16:07 55日目〜
17:10 60日目〜
18:49 70日目〜
20:00 80日目〜
20:24 103日目〜
21:36 150日目〜
21:58 200日目〜
22:00 272日目〜
22:35 290日目〜
22:57 416日目 (治った!)
23:32 脱ステしてみて思ったこと・個人的見解
26:13 エンディング

BGM : https://dova-s.jp/_contents/author/profile106.html
いらすとや : https://www.irasutoya.com/
字幕:ちいさん

#脱ステ
#脱ステロイド
#脱保湿
#ステロイド

8:ニキビ@健康2022.02.18(Fri)

>>7 ことができます。またニキビ跡を作らないよう適切なニキビケアを行うことも大切です。今回はニキビ跡の種類や原因対策方法とニキビ跡をきれいに消す方法をご紹介していきます。※この記事は美容皮膚科タカミクリニック副院長の山屋雅美医師が監修しています。ニキビ跡を残さないための近道はニキビが気になっ

9:ニキビ@健康2022.02.18(Fri)

>>7 方法凹みやクレータータイプのニキビ跡には肌に小さな傷を付けて新しい皮膚の再生を促すベンザック治療が適応となります。症状にもよりますが5回程の施術でもニキビ跡を目立たなくすることができるでしょう。またニキビ跡だけでなくしわや肌質の改善にも効果あるので肌全体の印象がガラリと変わります。

10:ニキビ@健康2022.02.18(Fri)

>>7 独学やメイクスクール通信講座など学習方法は何であっても知識が豊富でトレンドのメイクを得意としお客様から人気の美容部員を目指してみてくださいね!全体像を意識して大まかに切ることです。初心者はカットという行為自体に慣れていないため大胆に全体をバサバサ切ることができません。

11:ニキビ@健康2022.02.18(Fri)

>>7 効果を高める強い治療のため施術後は多少のダウンタイムがあります。ベンザックの詳細はこちらニキビ跡しこりケロイドに対する美容皮膚科の治療法ニキビの跡がしこりになってしまった場合真皮の再生を促すベンザック治療やしこり部分に直接専用の薬剤を注射するニキビ注射が適応となりま

12:ニキビ@健康2022.02.18(Fri)

>>7 ため皮膚科に相談をまた初めてベンゾイルを使用する場合にはパッチテストを行うのがおすすめです。パッチテストのやり方を見る加えてなるべくリスクを抑えつつ高い美白効果を得るにはベンゾイル・ベンザックを正しく選ぶことも大切。そこで次からはベンゾイル配合の美白・ベンザックの選び方をご紹介します。3.ベンゾイル配合

13:ニキビ@健康2022.02.18(Fri)

>>7 ノサイトチロシナーゼなどの肌内部にある細胞・成分のはたらきによって増えていくもの。メラノサイト・チロシナーゼとは?鈴木医師のコメントメラノサイトはメラニンを作り出す細胞チロシナーゼはメラニンのもととなるチロシンを酸化させる成分です。ベンゾイルはこれらのはたらきを阻害してメラニン色素の合

14:ニキビ@健康2022.02.18(Fri)

>>7 アルツハイマーの改善免疫力の向上などさまざまな効果がさるとされており長く研究されておりました。※動物性タンパク質にもヘムは多く含まれますがヘムを経口摂取しても胃で分解され細胞まで届くのは非常にごくわずかとされていますので5-ALAを経口摂取する方が理想ともされています。ヘムが増えるとなぜいいのか?ヘ

15:ニキビ@健康2022.02.18(Fri)

>>7 “メラニン”という褐色の色素をつくります。肌にとっては必要な働きですがメラニンが過剰につくられるとシミやくすみの原因に。 ビタミンCは肌内部でメラニンの生成を抑制しさらに既にできてしまったメラニンを元の色に戻します。2.シワたるみ肌の弾力を支える線維を増やす。肌の真皮層にあるコラーゲンやエラスチン

powered by 三越屋-個人輸入代行

コメント

  1. やはり肌は変わってきている。そんな今の状態に合ったケアを実践しないといけないんですね。残念でもありつつ、うれしいのは、手間をかけるほど反応してくれるのがアラフォーの肌。だけど時短はその逆を行っているのだから、それなりの策を講じないと!メイクの場合、時短テクだとカジュアルになりやすい。でも社会性が必要

  2. することも感じることもできない紫外線”に分けることができます。 太陽光に含まれている紫外線の割合は、たった5%程ですが、人体に様々な影響を及ぼすと言われています。紫外線による影響は私たちにとって、いいこともあれば、わるいところもあります。正しい知識を身につけていきましょう。 紫外線のいいところ紫外線は、

  3. 処するものなので、市販薬を使っても治らない場合、マラセチア毛包炎が疑われます。また、他の疾患の可能性もあるので、早めに皮膚科を受診してください。ニキビの見分け方の例【アクネ菌】不規則にぽつんぽつんと出る、サイズは大小さまざま【マラセチア菌】ニキビより赤みが小さい、広範囲に散らばるように出る、サイズは

  4. せてW洗顔不要、薄いポイントメイクなら落とせるタイプを選べば、クレンジング時間が短縮に。夜スキンケアで最も大切なのは、一日の肌の汚れをきちんと落とすことと心得て。高機能クリームを通常の使用量の1.5倍手に取り、手のひらで体温に温め、ゆるませる。肌への滑りとなじみのいい状態にして素早く浸透させるのが時短ケ

  5. ミストbなどがこのタイプなので、上手に活用してください。一方、刺激が原因のニキビは、保湿ケアで落ち着くことがあります。湯上りにボディローションなどを塗り、弱った肌を労わってあげましょう。①肌荒れを引き起こす原因とは季節の変わり目に伴う乾燥や、体調がよくない時、心身ともに疲れている時などに現れる肌荒れ。

  6. に即さよなら美容のプロたちに聞いた、本当にすべき対処法とは?2018.02.02ポツンとひとつできるだけで楽しい気分を台無しにしてしまう、美肌の大敵、ニキビ。どうしてニキビができるのか、どう対処すればいいのか、一度しっかり勉強しなおして、ニキビに悩まない肌を手に入れようってことで、美のプロフェッショナルズ、ウ

  7. ため、肌がハリや弾力を失っていきます。その結果「光老化」と言われる肌トラブルを引き起こす原因となってしまいます。UVB(紫外線B波) UVBは、表皮までしか届かないのですが肌への作用が強いため、短時間で肌が赤くなってしまう日焼け(サンバーン)だけでなく、後から肌が黒くなってしまう日焼け(サンタン)も引き起こ

タイトルとURLをコピーしました